お勧めリンク

谷町九丁目駅付近で高収入得るなら谷九 人妻デリヘル求人で探してみると見つかります@ガールズヘブン

夜になると一変

2175563374_3279fd7b7f_m
今日は家族揃って“上本町YUFURA”に買い物に来ている。我が家の最寄り駅であ谷町線谷町九る丁目駅から、5分ほど歩けば見えてくるので非常に利用しやすいので、休日はよくこうして家族みんなで利用することが多い。ただ、一歩通りを超えたり、夜になると一変してラブホテル、風俗、キャッチ等々夜の街に様変わりしてしまうので、子供連れとしてあまり良い気はしないなぁ・・・と、度々思うことがある。そんなこんなで、いつものように旦那と子供と、みんながお気に入りの鎌倉パスタでお昼を済ませ、まったりとショッピングを楽しんでいた。

ただこの日は、友人との予定も入れていた為に家族と別れた後は、歌舞伎を見に行った。そうこうしている内に友人と別れることになり、すっかり日も暮れてしまったところでキャッチなどを横目に、家への帰路についていた。

そんな時、一人の男性に声をかけられた。つい足を止めてしまって聞いていると、人妻デリヘル店のスカウトマンらしい。楽しかった1日の最後にこんな目に会うなんて・・・と、すごく気分も悪くなり、男を横目に足早に自宅へと向かった。治安もあまりよくないし、早く引っ越せたら・・・そんなことをぼんやりと考えていた。

生玉夏祭り

1300085365_7394f774b1_m
気まぐれ放浪記~!今回は大阪の夜の街の名所として出てくる地名『谷町九丁目』に行ってみた!ちなみに通称は「谷九(たにきゅう)」だそうです。谷九駅周辺には神社が多数あります。中でも難波大社という愛称で親しまれている「生國魂神社」は 近松門左衛門の代表作『曽根崎心中』の冒頭に登場する舞台として知られていて、こちらでは大阪三大夏祭りの一つとして有名な「生玉夏祭り」が7月11日~12日に催されるそう…。

また、難波高津宮に遷都を行った仁徳天皇を主祭神とした「高津宮」へも駅よりバスで向かうことができ当神社と高津公園には約100本ものソメイヨシノがあり春には「高津宮桜まつり」が開催されて例年大賑わいになると言います。そんな風情豊かな谷九ですが、大人な夜の有名どころでもあり、付近には数多くのホテルがありました。また、ホテヘルや人妻待ち合わせ、SM、エステなども多くあり、男の癒しの場所…ともいえるでしょう。

そこには『人妻デリヘル求人、風俗で働く女の子大募集』の女性向けの求人情報もいくつか目についたので、それをみて応募する女性もいる事でしょう。ご飯どころとしては『洋食の店 もなみ』というハンバーグとエビフライのお店が長蛇の列が出来るほどのお店があり、そこのハンバーグは絶品でした。以上!谷九気まぐれ放浪記でした。

谷町九丁目のヤンキー

1300088015_3219f784a6_m
谷九とは谷町九丁目のことらしい。そのことを最近知って、おれは目から鱗だった。この感動を他のみんなにも伝えてやろうと思い、おれは大学の掲示板に「谷九=谷町九丁目」とプリントした紙を貼り付けた。たまたまおれの近くにいた大学生の女が、おれの貼っている紙を一瞥して、「ぷっ」と笑ったように思えた。おれはその女に視線の先を移動させた。「いま、笑ったのかい?」「うん」笑われる覚えはなかった。「どうして笑ったのだね」「だって、そんなわかりきっていることをあえて掲示するなんて、なんだかおかしくって」「ふうん。なかなか教養のある女だな」おれは感心した。そして、無性にその女が愛らしく思えてきて、抱きしめた。「えっ!? やめてください!」女はおれを突き飛ばした。その突き飛ばされた先に、屈強な体つきのヤンキーまがいの集団があって、おれはその集団から暴行を受けた。ぼろぼろになって、集団からほうりだされたときには、もう愛する女の姿はなかった。帰ったのだろう。もう夜だった。大学のキャンパス内には人っ子一人いなかった。一人ぼっちだった。おれはスマホでデリヘルを検索した。谷九の、人妻デリヘル求人を出しているほど人気の人妻デリヘル店を利用した。最高だった。